aruziが音楽についてダラダラと。。。

私、aruziが稀に更新する音楽雑感なブログです。暇つぶしにどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末なので

2011年も終わりますので、今年の個人的ベストアルバムを選びましたー。


3枚!!選びました!!


SBTRKT 「SBTRKT」


SbtrktSbtrkt
(2011/07/12)
Sbtrkt

商品詳細を見る



RadioheadやM.I.A、ゴリラズなどUKアーティストのリミックスを手掛けてきたSBTRKTのデビューアルバム。
エレクトロ、ハウスからダブ、アフリカンをクロスオーバーさせながらもSBTRKTのオリジナリティーとして昇華させた見事なアルバム。
音数も多いわけでもなくどこか淡々としていながらも、漂う哀愁の裏には相当なクオリティーの高さを感じた。

それが確信となったのも9月のリキッドルームで見たライブでした。
完全に打ち込みに頼るのではなく、二人で可能な限り演奏を行う形。
その真摯に自分たちの音楽に向き合っている姿に感銘と素晴らしさを感じ、
胸打たれるビートに深夜のリキッドルームは揺れていました。

今年一番聞いたアルバムでもあり、自分の中では2011年のベストアルバムです。




Teams vs. Star Slinger 「Teams vs. Star Slinger」


TEAMS VS. STAR SLINGERTEAMS VS. STAR SLINGER
(2011/07/01)
TEAMS VS. STAR SLINGER、TEAMS 他

商品詳細を見る



Mexican Summerからリリースされたこのアルバム。
イギリス・マンチェスター在住のエレクトロユニット、Star Slingerとアメリカで活動するTeamsが、ネット上だけでのやり取りで制作したアルバム。
R&Bテイストや60'sのポップスを曲の中に収めて、それをカーステBGMばりにバックグラウンドで聞こえているかのような作りになってます。
近年のチルウェイブムーブメントや上記のSBTRKTにも通じる、ゆったりとした時間が流れる心地よい曲構成です。
DJのトラックとして流しても、心地よい時間帯をつくってくれそうです。



Federation of the Disco Pimp 「Federation of the Disco Pimp」


フェデレーション・オブ・ザ・ディスコ・ピンプフェデレーション・オブ・ザ・ディスコ・ピンプ
(2011/10/05)
フェデレーション・オブ・ザ・ディスコ・ピンプ

商品詳細を見る



スコットランド出身の7人組ファンクバンドのデビュー・アルバム。
上記の2点とは打って変って、なかなかのディスコ・ファンク・ミュージック!!
グルービィなファンクミュージックの中にギターの音を歪ませたり、高速ビートだったりとRockテイストも盛り込まれた超ノリノリな一枚!
このアルバムに関しては最初の1曲目、細かくいうとイントロのドラムからの入りからでつかまれた。
単なるファンクバンドでなく、ロック好きにも相当心つかまれる一枚ですし、
クラブで踊りまくっている人達にも必ず盛り上がれる一枚です。
特に「Robot Rock」のカバーに関しては賛否両論ありそうですが、なかなかの変え方で私は好きです。



他にもJames BlkakeやWashed Outも聞きつくしていたのですが、MP3プレーヤーの再生回数を見たら、
上位3つのアルバムが上記3点となっていました。

ただ今年は全然アルバム聞いてなかったですねー。TUTAYAにも行けず。しかしK2レコードという新しい場所が発見できたのはよかった(笑)
なので、全体的にエレクトロ、しかもチルウェイブ中心な曲を多く聞いてました。
来年はもっと広く浅く聞いていきたいですね。



で今年見たライブのベスト3本も。


1、CONGOTORONICS vs ROCKERS (Fuji Rock 2011 at オレンジコート)

Digitalism、Incubusを当初見る予定やったけど急きょ見たコンゴトロニクス。
いやでも本当に見てよかった。本当に至福の時間だった。
この場にいた人は間違いなく楽しかったにちがいない。
今後、日本で見れることもないと考えると貴重な時間を過ごさせていただきました。


2、あらかじめ決められた恋人たちへ (ボロフェスタ)

今年、何度かあら恋を見たけどボロフェスタでのライブが一番だった。
なんでか考えたけど、やっぱボロフェスタの雰囲気があら恋の最上級のライブパフォーマンスを出していたのではと思います。
今年のボロフェスタは、いろいろ素晴らしかった。
夙川ボーイズにしても、SEBASTIAN XにしてもDE DE MOUSEにしてもあの空間で見れたのが最高だった。


3、SBTRKT (リキッドルーム)

上記でも記載しましたが、人力エレクトロといいますか作り上げていく音楽が恍惚でした。
次も来日したら絶対に行く。




ということで、今年はライブも結構行きましたねー。
強硬で東京でGG11見に行ったけど楽しかったし。
でもやっぱ野外でゆるーるお酒飲みながら聞く環境が本当に幸せでした。

来年もフジや朝霧、他のフェスやライブも行けるように人生頑張ってまいります。


お世話になった方、そうでない方、皆々様が素晴らしく楽しい2012年になりますように~。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aidablog.blog55.fc2.com/tb.php/282-ca60a4f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。