aruziが音楽についてダラダラと。。。

私、aruziが稀に更新する音楽雑感なブログです。暇つぶしにどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いえぇぇ~~、プォゴォ~~~!

先日のブログでネットをPLCで繋いだら内容を書いた所、いろいろ所注意を下さいましてありがとうございます。
でも、結局なんやかんやでPLCで繋いでおります(汗)

それ以上に、部屋にネット環境が整ったお陰で家をウロウロしなくなってしまった(汗)
こないだの休日は自分の部屋にオレンジジュース持ってきて、ベットの前にパソコン移動させて、寝転びながらずっとYoutube見てた。。。
まさに、堕落の一歩手前・・・・

そういや、この前の日記からいろいろ広告付けるようになったんですけど、あんま気にしないで(笑)
ジミ~~に、チマチマとお小遣いを・・・・・

んで、こんな機能も付けてみた。↓↓

今年最も聞いているであろうアルバム
Digitalism/「デジタル主義」





嫌っていうほど聞いたかな。「もうサマソニに影響されすぎやん、僕」っていう感じなんですけど、今年はこのDigitalismに入り、四つ打ちサウンド、16ビートに犯されまりましたな。
しかし、このアルバムのライナーノーツに「フランツフェルディナンドが踊れるロックなら、Digitalismはロックするテクノポップ」て書いてあったけど、なんか違うような。

四つ打ちサウンドで体が勝手に動いてしまうのは確かやけど、そこまでノリノリで踊れるというわけじゃない。
このアルバムでいったら「Pogo」くらいがノリノリのパーティーチューンです。(でも、サマソニで実際見てみたら「Pogo」での盛り上がり方は尋常じゃなかった!!)

ドイツ出身らしく、ベースの音がずっしりきいた重厚サウンドだなぁ(特に2曲目の「Zdarlight」)とも思いつつ、そこまで疾走感ないかな~。
そこが、「ロックするテクノポップ」と言われる所以かも。


しかし、何故タイトルを無理やり日本語にするんやろね。
最近の洋楽の邦題タイトルがダサくて仕方が無い。
特にOrsonの「Bright Idea」に関しては何を思ったか、
邦題が「ブライト・アイデア☆ひらメキ!」て(笑)
女子高生が買いそうな、ユーロビートのタイトルですか(笑)

これからブログでボチボチ、レビューしていこう~。













スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aidablog.blog55.fc2.com/tb.php/182-b8c53c0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。